置き換えダイエットというのは、1日の食事のうち1食あるいは2食をいつもの食事よりもずっとカロリーの低いものやダイエット食品などに置き換えることによって、カロリー摂取量を低く抑えるダイエット方法です。

この置き換えダイエットを成功させるためのポイントがいくつかあります。

 

ポイント1 カロリーを抑える

まずは当然ですが食事と置き換える食品が低カロリーでなくてはなりません。

それに加えて栄養価の高いものである必要もあります。

なぜなら、置き換えダイエットでは3か月ほどかけて徐々に体重を落としてゆくことが多く、カロリー摂取量は抑えてあっても栄養のほうはしっかりと摂取しなければならないからです。

 

ポイント2 満足感を得る

別のポイントとして、置き換える食品を摂取したときにある程度の満腹感を感じるものであることを挙げられます。

満腹感が感じられないと、なかなか長続きしないものです。

さらに、美味しい(少なくともまずくはない)ことも大切です。

美味しい物であれば、楽しみながら取り組むことができるからです。

 

ポイント3 継続できる価格のものを選ぶ

価格も重要なポイントです。

ある程度の期間続けるとなると、費用面の負担も馬鹿にできません。

費用対効果も考慮して置き換える食品をチョイスするのが賢いやり方といえます。

置き換えダイエットの効果にはかなりの個人差があります。

効果がすぐに表われる人もいれば、なかなか効果が表われない人もいます。

実は、置き換えダイエットにおいて大切なのは継続することです。

 

なぜ継続しないといけないの?

わたしたちの体は飢餓状態になるとカロリーや栄養価の吸収率が高くなるという特徴があります。

そのため、置き換えダイエットを開始して間もない頃は、わたしたちの脳が飢餓状態を認識してしまい、普段よりも吸収率が上がってしまうということがよくあります。

この段階ではカロリーを減らしても吸収率が上がってしまっているので、効果があまり感じられないということになります。

しかしながら、置き換えダイエットを継続しているうちに、わたしたちの脳はこの摂取量が通常だと認識するようになります。

こうなるとダイエットの効果が表われ始めます。

このように、置き換えダイエットは長く続けることが必要なダイエット方法であるため、摂取する栄養価のコントロールもしっかりと行わなければなりません。

 

短期間で1日3食置き換えたらダメなの?

注意したいのは、極端な置き換えダイエットです。

これをやると、ダイエットに成功して元の食生活に戻したときに、わたしたちの脳はまだ飢餓状態を認識したままになっているため、吸収率が高い状態で食事を取ることになってしまいます。

こうして見事にリバウンドし、置き換えダイエットを始める前よりさらに体重が増えてしまうことさえあるのです。

ですから、置き換えダイエットを終えても、いきなり元の食生活に戻すのではなく高たんぱく低カロリーな食事を維持してゆくことがリバウンドの防止に役立ちます。

そうすることで体質そのものを太りにくいものにすることが置き換えダイエットの本来の目標なのです。

置き換えダイエットは、短期間でやせるというようなダイエット方法ではなく、比較的長い期間で、恐らくは3か月以上続けることでその効果が出るものだということを忘れないようにしましょう。

 

短期間でダイエット効果を得るには?

ちなみに、比較的短期間で効果を出したいということであれば置き換えダイエットではなく、ジュースクレンズダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

ジュースクレンズダイエットというのは、コールドプレスジュースと呼ばれる低速回転ジューサーで絞ったジュースを1か月のうち1日から3日程度、すべての食事と置き換えるダイエット方法です。

この方法は、短期集中型でデトックス効果もあり体質改善も期待できますが、コールドプレスジュースを販売しているお店はまだまだ少ないようです。

ということは低速回転ジューサーを購入して自分でコールドプレスジュースを作るしかありません。

あるいは、酵素ドリンクで代用することもできます。

NOA

NOA

酵素についての基本的なことから、豆知識までご紹介します。
酵素は生命を維持する上で重要な役割を担っており、酵素が減ると病に侵されるリスクが高くなると同時に、老化にもつながります。
この酵素という栄養素を有効活用することが現代の人々にとって最も重要なことのひとつといえるでしょう。
私の書いた記事を気に入ってくださった方はシェア、ツイートしていただけると幸いです。
NOA